2006年05月04日

自家製麺 縁 らぁめん

10_en_shinasoba_shio.jpg 11_en_shinasoba_syoyu.jpg 12_en_chasyugohan.jpg
ハッキリいいます。
平成18年5月3日現在、我が家の独断と偏見による、“宮崎県ラーメンランキング”1位手(チョキ) とさせて頂きます!おめでとーっ!
以上っ。今回は終わりっ、、、。
えっ。なになに、もっと教えろと。いつも聞かなくても勝手に書いてるじゃないかって。いやあ、この店は教えたくないっ。だって麺の数が決まっていてあんまりお客さんが増えると食べられなくなるんだもん。だからダメッ。教えないっ。

 
仕方ありません。いつもこちらを読んでいただいているお礼として、やっぱり教えましょうっ。でも、友人・知人には教えないで下さいね。読んだ方だけで楽しんでくださいねぇ。

(写真をクリックしてもらったら大きな画像がでますよ)

ツマから、「(宮崎県)都農にすごくこだわったラーメン店があるみたい」との情報。県北方面にドライブに行く予定だったので、「場所くらいは確認しておくかな」という軽い気持ちで、そのお店へ。
01_en_gyouretsu.jpg
で、そのお店へ到着したのが、午前11時15分ごろ。テレビで紹介された直後だったのでお昼は多いだろうなあ、でもまだこの時間は大丈夫でしょう。なんて軽い気持ちで行ってみたら、あらら大変っ!もうこの時間で20人近く(あとで正確にわかったのですが18人7組)のお客さんが店の前に並んでいるではないですかっ!本当は、店の場所確認のはずだけだったのに、急遽予定変更、この行列に並ぶことにしました。
02_en_kaiten.jpg
開店時間は、午前11時30分でした。並んでいた行列が若い店主ご夫婦の案内により店内に導かれます。我が家は8組目。せっかくお待ちいただいているお客さんに料理の順番を間違えて出さないようにと、整理券が配られる気の使いようです。
03_en_100pai_gentei.jpg
店の入り口にはホワイトボードに本日のラーメンの提供数が掲示されています。店名にもあるように、自家製麺ということで麺の提供数にきっと限界があるのでしょう。なんだかこの限定数というのにさらに期待が高まります。
04_en_eigyou_jikan.jpg
営業時間は、午前11時30分から、なんと午後2時まで!いつもは、混んでいる時間を避けて食べようとするのですが、この店に関しては早めに並んで食べたほうが確実そうです。ちなみに1年ほど前に紹介されたテレビ番組の時の情報では、夜も営業していたようです。人気がでて難しくなったのでしょうね、夜の営業は。
05_en_tennai_manseki.jpg
我が家は、開店と同時に店内に入ることはできました。しかし、我が家の前のお客さんで席はちょうど満席。店内でさらに待つことになりました。
06_en_machijikan.jpg
ふと、店内をみると、カウンターの上に待ち時間の表示が。「只今の待ち時間は60分〜90分です」と。えっ。そんなに待つの!と、思わず声をだして驚いていると、店主ご夫妻の奥様が、「あっこれは先日の待ち時間で、すごく混乱したときのなんですよぅ」と、すかさずフォロー。あ〜、すごいのですね、そんなに待つほどの人気だなんて。
07_en_unchiku.jpg
20人ほどのお客さんが入ったので、我が家が食べられるのはまだしばらく後のこと。でもその間に、メニューや、このお店のこだわりのうんちくをしっかり研究します。ツマがテレビで得た情報に、店の内装の雰囲気や、お客さんの注文している様子、でてくるどんぶりのこだわりぶりなど、結局店内で30分弱待つことになったのですが、なんだかんだとツマと話しているうちにアッという間に時間が経ちました。
08_en_menu_omote.jpg
以前のテレビ番組情報では、メニューにはつけ麺などもあったようですが、どうも現在は、4種類の基本があるようです。う〜ん、どれにするか迷います。迷ったとき、ラーメン屋のメニューは一番上から選ぶのが基本です。えっ、ちがいますか?まあ好みなんでしょうけど、メニューの最初に書いてあるものって、そのお店の基本のものじゃないかと勝手におもっているので、特に目的のメニューなど決めていない場合は最初に紹介されているものを選ぶといいと思うんですよね。
09_en_menu_ura.jpg
こちらは、メニュー裏面です。サイドメニューですね。あ〜おつまみセットでビールをグビっ!なんてのにもひかれます。
10_en_shinasoba_shio.jpg
さあ、ようやく我が家にもラーメンが運ばれてきました。
まず一杯目は「支那そば塩」+「炙りチャーシュー入り」+「味玉半分」+「中玉」です。
11_en_shinasoba_syoyu.jpg
2杯目は、「支那そば醤油」+「炙りチャーシュー」+「味玉半分」
12_en_chasyugohan.jpg
で、さらにうまそうだったので、「チャーシューごはん」まで注文しちゃいました。

まず、「塩」ですが、ツマいわく。「日本料理に通ずるうまさ」。つまりだしでスープの味が表現されているという意味です。オットは「醤油」でしたが、こちらも自然な味付けで、最後まで飲み干さなきゃもったいないうまさです。麺も店名にいれるほどこだわっている自家製麺。水分が多いもちもち感がウリです。スープによくあっていますね。炙りチャーシューは、肉厚ですがトロっとやわらかく、しかも軽く炙られてでてきますので風味がとても香ばしくていいですね。味玉も半熟の黄身にぎゅっと味が濃縮されていてラーメンのアクセントにはとてもいいですね。サイドメニューのチャーシューごはんは、ごはんにかかるタレが醤油ラーメンのたれのようでした。ラーメンにも炙りチャーシューを頼んでしまったので、チャーシューだらけになったのですが、おいしかったのでよしとしましょう。

あ〜、書いちゃった。
場所が場所なだけに、そうしょっちゅう食べに行けないのがザンネン。でも宮崎市内にできてしまったら、今以上に行列でとても食べられなくなりそうですから、今のこの場所が良いのかもしれません。


自家製麺 縁
住 所  都農町三ヶ月原1140−65
電話番号 0983−25−2788
営業時間 午前11時30分〜午後2時
定休日 月曜日、火曜日
駐車場はそこそこ広いと思いますが、混んだらそれでも足りないかな。
posted by オット at 06:36 | 宮崎 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 自家製麺 縁 らぁめん
この記事へのコメント
とても、うまそうですねー。
若向きのこってり系はどうも、、、なので
音楽祭、盛り上げましょうネ
おいしいお酒が飲めるように(笑)
Posted by nishikida at 2006年05月04日 09:08
縁の若(?)夫婦の友達です。
こんなに詳しく紹介していただいて光栄です。ありがとうございます。
縁のご主人はラーメン一筋!のまじめな方。素材選び、味についての研究等とその姿勢がラーメンに反映されていると思います。
忙しい二人に代わって私が店のホームページを作成しようと思っているのですが…。オット様のようにできるかどうか…。
近いうちには公開したいと思います!
Posted by ぴよ at 2006年11月03日 11:38
ぴよ様。
コメントありがとうございます。
実は正直にいいます。
この店のラーメンを食べて以来他のラーメン屋さんにいけなくなりました。
本当です。(ちょっと忙しかったってのもあるんですけど、、、。)
HPを作成される予定とのこと、営業日時と、その日の麺の提供数がわかるだけでも非常にありがたいです。
期待していますね!
縁の口コミ宣伝隊宮崎市支部支部長オットより
Posted by CASACオット at 2006年11月03日 23:07
ご無沙汰しております。って、覚えておいででしょうか…。
実は先月コメントしてから速攻ブログを作ったのですが、
(1ヶ月くらいは検索エンジンにかかんないと思って試験的に…)
この間に、検索にはかかるわ、知る人ぞ知る”大崎氏”が東京より来店するわ、でご連絡が遅くなりました。
口コミ宣伝隊宮崎市支部長に不義理しちゃった感じですごく気がひけるのですが…、
今後とも縁をよろしくお願いいたします。
店主・奥さん共にオット様にまたいらしていただける日を心待ちにしているようです。
ご都合があえば私どもと新作発表予定?のラーメン(←これもなかなか美味しいですよ)の味見をしていただきたいと勝手に思っています。
Posted by ぴよ at 2006年12月08日 00:06
ぴよ様
いつの間にか素晴らしいブログができていますね。ビックリしました!
お店のことがとてもよくわかっていいですね。
いずれくるだろうなとは思っていましたが「日本一ラーメンを食べた男 大崎氏」が来られたんですね〜。すごいです。
新作発表予定があるんですか?あれだけのメニューのバリエーションでもすごいのにまだ新しいのを考えられるなんてホントに努力家のご主人様ですね。でも、私ごときがそんな大事なメニューの味見をさせてもらってもいいのでしょうか?うれしくもあり、大役すぎて荷が重くもあり、、、。でも食べたいのが本音です(嬉)。
Posted by CASACオット at 2006年12月09日 06:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17365108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。